文字サイズ

  • 標準

受け入れ国

ベトナム

受け入れ国ベトナムのご紹介です。

 

ベトナム社会主義共和国 (Socialist Republic of Viet Nam)

首都:ハノイ(ホーチミン市の方が人口が多い)

人口:約9,620万人(65歳以上の比率5,5% 日本は23%(2019年現在))

 

ASEAN諸国の中でも、特に経済発展が著しく、平均年齢30歳と若年人口率が高く、

とても活気がある国です。

言語

ベトナム語(文字はアルファベットを利用する)、英語が話せる人が多い。

教育

2学期制/1学年(8月下旬~1月上旬、1月中旬~5月下旬)

旧正月休み:1月下旬~2月上旬、夏休み:6月~8月中旬

小学校→中学校→高等学校→専門学校/短大/大学

5年間   4年間  3年間      2年間/3年間/4-6年間

宗教

ベトナムで信仰されている宗教の割合は、人口のうちおよそ73.2%が、無宗教です。

他は、仏教12.2%;カトリック6.8%;カオダイ4.8%;他3%(2019年現在)

(無宗教の中にも仏教を信仰する人がかなり多い)

通貨VND(ドン) 

¥100=21.000ドン(2020/4現在)

お札のみ(500、1.000、2.000、・・・、100.000、200.000、500.000)

 

移動手段

バイクは必要不可欠です(HONDAが大人気である)      

他には列車、バス、タクシー等

特に飛行機は国内、国際線が多くて、大変便利です。

また直行便は日本へ毎日就航している。

関空~ハノイまでは約4時間半

関空~ホーチミン市までは約5時間半

食文化

米食文化で、基本的には白米とおかず、汁物が食卓に並ぶ。

特に米麺は色々な種類あり(フォー、ブン、ミエン、ミー等)

バイン・ミ―(フランス風パン)がとても美味しい。

ヌックナム(魚醤)は日本のしょうゆのように欠かせない調味料です。

世界第2位のコーヒー生産国、独自のコーヒー文化を持っている。

      

国民性
  • 勤勉・器用

真面目で、一生懸命に働こうとする人が多い。

ベトナムは手工業が発展してきたので、手先が器用な人が多い。

  • 家族は一番だ!

ベトナムの多くの若者は、仕事より家族が大切な考え方である。

家族のみんなはお互いに助け合って、生活している。

祖父母は子供や孫と一緒に楽しむし、子供たちも祖父母の面倒を見る。

  • プライドがやや高いが、その一方で何事にも集団で活動する傾向だ!

プライドが少し高い、という側面もある。

しかし、どんな活動でもグループで協力し合って行動しようとする。

在日ベトナム実習生もSNS上や交流会等で進んで情報交換を行う。

  • 近視眼的で中長期的なことは苦手だが、その一方で楽観的で前向き!

目先の利益重視なところがあり、短期的な物事に対しては積極的だが、

中長期的なことは苦手です。しかし、何か深刻な事態が起こっても、

それに対して真剣に考え、ポジティブに前へ向こうする。

 

お問い合わせご相談はこちら

電話受付画像

電話受付:平日 8:45~17:30

お問い合わせボタン

お気軽にお問い合わせください